◆FX

2018年度版☆FX重要指標日程表 雇用日程とFOMCだけ注目。

2018年の重要指標日程表をまとめました。

毎日指標発表はありますが、大きく相場が動く指標だけ注意しています。

2018年 雇用統計日程

月はじめの金曜日にアメリカの指標「雇用統計」があります。
失業者数、労働者数、平均賃金などが発表される一大イベントです。
相場が急変し、100pips動くこともあります。

わたしは雇用統計がある週は取引していません。

  • 2018年1 月5 日(金)  22時30分
  • 2 月2 日 22時30分
  • 3 月 9 日 22時30分
  • 4 月 6 日 21時30分
  • 5月 4 日 21時30分
  • 6 月 1 日 21時30分
  • 7 月 6 日 21時30分
  • 8 月 3 日 21時30分
  • 9 月 7 日 21時30分
  • 10 月 5 日 21時30分
  • 11 月 2 日 21時30分
  • 12 月 7 日 22時30分

 

2018年 米連邦公開市場委員会(FOMC) 日程

「米連邦公開市場委員会(FOMC)」は年8回、6週間ごとにあります。
日本時間の深夜3時、4時に発表があります。

現在の景況判断と政策金利の上げ下げなどの方針が発表されます。

基本的に公開市場委員会(FOMC)がある日はエントリーせず、FOMCが終わってからエントリーします。

  • 2018年 1月31日(水)~2月1日(木) 4時
  • 2018年 3月21日(水)~22日(木)4時
  • 2018年 5月 2日(水)~ 3日(木) 3時
  • 2018年 6月13日(水)~14日(木) 3時
  • 2018年 8月1日(水)~2日(木) 3時
  • 2018年 9月26日(水)~27(木) 3時
  • 2018年 11月8日(水)~9日(木) 3時
  • 2018年 12月19日(水)~20日(木) 3時

 

このほか、2、3週目水曜日に「FOMC議事要旨」というものもあります。こちらは委員会に比べると動きが小さいことが多いですが、注目しています。

議事要旨は政策決定日(FOMC開催最終日)の3週間後に公表されます。

 

わたしはアプリ「cymo」を使って日程をチェックしています。

関連記事スマホから見やすいチャートは「cymo(サイモ)」

FOMCがある週の取引も記事にしています。

関連記事全取引履歴一覧

ABOUT ME
ゆずっこ
FX専業トレーダーです。29才で脱サラしました。月3回のトレードで時間に余裕のある生活をしています。