MT4にインジケーターを入れよう。

MT4のダウンロードは終わりましたか?
次はインジケーターを入れていきます。

わたしが愛用している有料の「検証が楽になるインジケーター」の入れ方を説明いたします。

今まで手作業でしていたことが自動でできるようになったので、検証作業がとても楽になりました。

「検証が楽になるインジケーター」に対応しているMT4としていないMT4

対応しているMT4

GMT+2、+3のMT4は対応しています。
日足5本のMT4は対応しています。
GMTについてはこちらの記事をご覧ください。http://mt4-labo.com/gmt-mt4/

例)
・OANDA JAPAN
・Axiory
・FXDD

 

対応していないMT4

日足6本のものは対応していません

例)
・forex.com

「検証が楽になるインジケーター」を入れるとこんなことができるようになります。

1週間の高値と安値をボックスで囲むことができます。

各市場のボラティティがわかります。

・東京時間のボラ、高値、安値、半値
・ロンドン時間のボラ、高値、安値、半値
・ニューヨーク時間の高値、安値、半値
・1日のボラ、高値、安値、半値
・市場をボックスで囲み色をつける

これらをチャート上に自動表示することができます。

 

「表示する・しない」も選ぶことができます。

検証作業にかかる時間を短縮できます

この「検証が楽になるインジケーター」を入れる前は手作業でボラを記入していたため、ものすごく時間がかかっていました。

 

検証がめちゃくちゃ楽になります。
インジケータの説明書、インジケータの設置方法もセットにしています。
作成者は木村さんという方です。

不具合等にはできるだけ早く対応させていいただきます。

検証が楽になるインジケーターはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インジケーターの設定方法 パラメーター編

MT4のダウンロード方法

MT4で日本時間を表示する方法

MT4をダウンロードする方法