ビットコイン/アルトコイン/トークン

いま話題の仮想通貨!誰よりも分かりやすくお伝えします!

トレーダーゆずっこです。

今仮想通貨ブームですね。ビットコインが30万円まで暴騰したのでようやくテレビでも取り上げられるようになりました。

みんなはじまったばかりのものには警戒します。
ほんとに日本の投資教育は遅れています。
教育されていないから詐欺にもひっかかります。

今日は「ビットコイン」について難しい説明は省いて説明します。

 

仮想通貨ビットコインは誰が生み出したの?

2008年に発表されたサトシナカモトという人物の論文をもとに、世界のエンジニアが2009年にビットコインという決済システムを作りました。

しかし、サトシナカモトという人物は謎に包まれていて、その人が誰かはわからないのです。

 

仮想通貨とは?

仮想通貨は現在約6000種類あります。

ビットコイン以外の仮想通貨

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと言います。

例)
・イーサリアム
・リップル
・ネム
・リスク
・ファクトム
・モネロ
・ジーキャッシュ

 

なぜビットコインは優れているのか?

ビットコインは会社のために作ったものではない

通常は会社があり、管理者がいます。(アルトコインであるリップルは会社があります)
ビットコインは自分たちのために作ったものなのです。
会社の利益のためでなく、自分たちの利益のために作ったものです。
今まで幾度の攻撃にも耐えてきました。

自分たちの利益のため世界中のエンジニアが守っています。

 

ビットコインは取引の透明性が高い

誰が、いつ、使ったという情報が全て記録され、公開されています。
ブロックチェーンで管理されています。

 

ビットコインはどのように生まれているのか

マイニング(採掘)によって生まれている

マイニングとは、ビットコインを採掘する行為です。

新規のビットコイン発行はマイニングによってのみ行われています。

誰かマイニングしているのか

マイニングはパソコンがあれば誰でもできますが、個人では到底勝てません。

マイニングチームがマイニングしています。
これをマイニングプールと言います。
マイニングプールは公開されています。現在は約20チームあります。

f:id:yuzukko_fx:20170605101814p:plain

わたしは「ビットクラブ」に出資しています。

 

どのようにマイニングしているのか

寒冷地にマイニングマシーン、パソコンがずらーっと並べられています。
マシーンは暑さに弱いです。
24時間稼働しており冷房機器で冷やし続けています。

f:id:yuzukko_fx:20170605102710p:plain

ビットコインは、ブロックチェーンを使った記録を更新する際に膨大な計算が必要になります。
ですが、管理団体や管理者がいません。
その計算をマイニングチームがしています。

その計算が一番早かった人の台帳を採用し、見返りとしてビットコインが支払われます。

1番はやく計算するために、マイニングマシーンは日々進化しています。

 

マイニングの報酬はいくら?

現在1回のマイニングの報酬は 、12.5ビットコインが割り当てられています。
2017年6月現在のレートは 1BTCあたり28万円前後なので、12.5×28=350万円分の報酬を得ることができます。
1回のマイニングには約10分かかります。
1日144回のマイニングが行われます。

つまり、144回×12.5BTC分のビットコインが毎日採掘されているのです。
すごい金額です。

 

ブロックチェーンは財布

ブロックチェーンはわかりやすくいうと財布です。
財布であるブロックチェーンの中にビットコインが入っています。

例えば1200円分のビットコインを送金します。

ゆずっこ 『1200円分のビットコインを送るね』

 

ブロックチェーンを使ってやり取りした記録は第三者が見ています。
その取引を第三者が取引を承認。
第三者が管理することにより、偽造防止、二重払い防止になります。

f:id:yuzukko_fx:20170621070454j:image

 

1200円分のビットコインを送金した画面はこちら。
f:id:yuzukko_fx:20170621065901j:image

 

ビットコインは発行数が決まっている

ビットコインは2009年から発行されています。
ビットコインは発行枚数が2100万枚と上限があるので、インフレを防止します。

マイニングが終わるのは2140年です。

この期間までは固い資産になりますね。

f:id:yuzukko_fx:20170621071800j:image

 

 

ビットコインはどこで買えるのか

国内で買える主な場所はこちらです。

 

ビットコインの使い方

ブロックチェーンにビットコインを送金します。

ブロックチェーンとは、財布のことです。

①ビットコインを買う
②そのビットコインをブロックチェーンに送る。
③ブロックチェーンから各種支払いができる。

といったイメージです。

・ブロックチェーンにパソコンから登録する方はこちら
https://blockchain.info/ja/wallet/#/

・ブロックチェーンのアプリはこちら

AppStore のアプリ検索欄に「BitcoinWallet」と入力。

f:id:yuzukko_fx:20170605105611p:plain

このアプリをインストールします。

ビットコインは手数料が安い

私たちはよくクレジットカードを使います。
お店側はクレジットカード会社に手数料を7%払っています。
ビットコインは手数料が1%です。
お店はビットコイン決済を導入するとお得なんです。
アプリてすぐに入れることができます。
導入店はどんどん増えていくでしょう。

さきほどiPhoneに入れたブロックチェーンのアプリをビットコイン決済導入店で見せると支払いができます。

関連記事:ビットコイン決済ができる店舗へ行き「支払いはビットコインで」とドヤ顔してみる

 

現金の価値は下がっていくでしょうね。

キャッシュレスの時代は進む!!

 

関連記事:coincheck(コインチェック)の口座開設方法

関連記事:zaif(ザイフ)の口座開設方法

ABOUT ME
yuzukko
FX専業トレーダー。月3回のトレードで時間に余裕のある生活をしています。