店をもたない板前ぼりさんと陶芸作家ユキガオさんの「見て、触れて、食べられる展示会」はいろんな意味でかわいすぎる空間だった!!

f:id:yuzukko_fx:20170604003137j:image

フリーランスゆずっこ(@yuzukkofx)です。
店を持たない板前ぼりさんと陶芸作家ユキガオさんの「見て、触れて、食べてもらえる展示会」に参加しました。

ぼりさんとユキガオさんはこの展示会を開催するためにクラウドファンディングに挑戦されました。
そして目標金額を大幅に上回り大成功されました。

 

クラウドファンディングのページはこちら→
https://camp-fire.jp/updates/view/29695#main

板前ぼりさんとは

f:id:yuzukko_fx:20170604002610j:image

・自宅から簡単に通える工場に就職(2年)
・人生を変える為、根性試しのつもりで佐川急便に入社(4年)
・配達先の小料理屋さんに魅力を感じて和食の世界へ(6年)

現在は店を持たない板前として活躍されている31才のゆるキャラです。

ユキガオさんとは

f:id:yuzukko_fx:20170604010009j:image

・自動車会社に就職(9年)

現在は大学に通い陶芸を学んでいる31才の笑顔がかわいすぎるユキガオさんです。

 

展示会に参加しようと思ったきっかけ

私自身もイベントをすることがあります。(ゆずっこの活動履歴はこちら→http://www.yuzuusagi.com/entry/2017/03/12/101627
同じフリーランスの人がどんなイベントをされるのか興味津々です。パクれるところはパクりたい!

ブロガーさんに会いたい、かわいいユキガオさんに会いたい、板前さんが作るおいしいごはんが食べたいという人間の欲求に従いました。

会場に到着

会場は北堀江にあるレンタルスペースです。
西長堀駅徒歩1分の場所にあります。

 

f:id:yuzukko_fx:20170604010140j:image

見て、触れて、

レンタルスペースはマンションの一室です。

ユキガオさんが作った器が並べてありました。

好きな器がある席に座ります。

f:id:yuzukko_fx:20170604005653j:image

 

f:id:yuzukko_fx:20170604005657j:image

 

f:id:yuzukko_fx:20170603234628j:image

 

ピンクが好きな娘が選んだのはこちらの器
f:id:yuzukko_fx:20170603234608j:image

 

意外と軽く、でも手に馴染みます。

f:id:yuzukko_fx:20170603234619j:image

 

裏にはユキガオさんの名前である由をりんごにしたものが彫られています。
f:id:yuzukko_fx:20170603234636j:image

 

綺麗な青です。
f:id:yuzukko_fx:20170603235053j:image

f:id:yuzukko_fx:20170603235319j:image

 

お姫様模様と、この色合いがいいですね。

f:id:yuzukko_fx:20170603235112j:image

 

私が1番好きだと思ったのはこちらの水玉です。
色、間隔が絶妙です。

f:id:yuzukko_fx:20170603235119j:image

6月のあじさいもかわいいです。
そら、笑顔になります。

f:id:yuzukko_fx:20170604000356j:image

食べられる

ぼりさんが朝7時に黒門市場で仕入れてきたハモです!!

f:id:yuzukko_fx:20170604005946j:image

 

カメラを向けるとこの顔をしてくれるかわいいゆるキャラです。

f:id:yuzukko_fx:20170603235646j:image

 

ユキガオさんがご飯をついでいます。
f:id:yuzukko_fx:20170603235806j:image

渡された方はキュン死です。
f:id:yuzukko_fx:20170603235818j:image

 

料理を取りに行きます。

f:id:yuzukko_fx:20170604005933j:image

1品ずつ説明書きがあります。
さすが板前さん。丁寧な仕事です。
f:id:yuzukko_fx:20170603235940j:image

 

献立はこちらです。

■白ご飯(3種の「ひとめぼれ」をブレンドした「ひとめぼれ」)
■鯛のあら汁(潮汁)
■豚の塩角煮大根
■黒門市場で買い付ける鮮魚一品
■だしまきたまご
■根菜ひじき
■切り干し大根
■蓮根きんぴら
■水菜のおひたし辛子酢味噌

f:id:yuzukko_fx:20170604090818j:image

 

いただきます!!

娘はごはんと切り干し大根をがっついていました。

全部おいしい!!!

鯛のあら汁は、かつおぶしを使わず昆布と鯛でだしをとってあります。
何杯でもいけちゃいます。

豚の塩角煮は、おはしですぐにほぐれ、口に運ぶととろけます。

毎日こんなご飯が食べられたら幸せです。

ぼりさん家に来てください。

f:id:yuzukko_fx:20170604000048j:image

 

同じ料理でも器によって違う楽しみがありますね。

f:id:yuzukko_fx:20170604000053j:image

仲良しなふたり

東京→名古屋→大阪→高知と遠征しているおふたり。

f:id:yuzukko_fx:20170604001205j:image

 

参加者さん「クラウドファンディングはどうやってはじめられたのですか?」

ユキガオさん 「他のクラウドファンディングのリターンで出会ったんです。」

 

ぼりさん 「その後ユキガオさんから、器と料理のイベントをしませんかというメールがきたんです。後日会ったら、ほんとに料理できるんだって言われて笑。」

出会いが出会いを繋いで素敵ですね。
SNSがある時代なので、過ごした時間、距離は関係ありません。

ズバッと言うサバサバしたユキガオさんとゆるキャラぼりさんのやり取りがおもしろかったです。

ぼりさんは、プロブロガーあんちゃさんもいる東京のシェアハウスに住まれていています。

ゆずっこ  「ぼりさんはハイパーリバ邸というシェアハウスに住まれているんですよね」

ぼりさん 「東京にある3階建ての家です。2階がリビングで、1階と3階が2人1部屋の相部屋です。」

ユキガオさん 「普通の家でびっくりしました」

お片付けも楽しむ

器を1つずつ丁寧に梱包します。

f:id:yuzukko_fx:20170604000520j:image

 

かわいいユキガオさんと\(^ω^)/

f:id:yuzukko_fx:20170604000524j:image

 

ゆずっこはお部屋に楽しげなものを発見した。

 

ぼりガオさんに渡すと快くかぶってくれました\(^ω^)/

f:id:yuzukko_fx:20170604000532j:image

いろんな意味でかわいすぎる空間だった

写真で見た通りユキガオさんの笑顔はめっちゃかわいかったです。
器は写真で見るよりも色が綺麗で、細かくて、かわいかったです。作品には人が出ますね。

ぼりさんの見た目もかわいくてイラストを送りつけたこともあります。

 

ぼりさんとユキガオさんのブログはこちら

www.ooborisatoru.com

www.yukigao.com

ぼりさん、ユキガオさん、参加者のみなさん素敵な時間をありがとうございました!!!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

我が家で管理栄養士・まるおかゆいさん『おうちmaruocafe』8/11(金祝)...

ゆずっこが脱皮しました。

NO IMAGE

無印良品週間

7月のブログ運営報告

教養番組「スドウくんとあそぼう!」が革命的すぎるのでやってみたよ♪

私が会社を辞めたら旦那が家事をしなくなったので家事代行サービスを利用することにし...