損切りを小さくするしかない?

1年前は損切りマイナス20でも1日で100動いていたので利益が残っていました。

→バランスがいい

今損切りマイナス20にしていても1日30しか動かない日もあるので利益が残らなくなります。
→バランスが悪い
ではバランスがよくなるように損切り幅を小さくしなければなりません。(勝率3割でもok)
それができないならば、勝率をあげなければなりません(勝率7割)
家計簿をつけている人ならば日常的にやっている収支のバランス。
FXは買うか売るかだけでとても単純ですが、大事なのは手法でもなんでもなく、リスクとリワードのバランスだと思います。
仕事で毎日計算していますが、計算を間違うと迷惑がかかります。
計算があうまで計算する。
問題1→答える→間違える→答える→正解する。
問題2→答える。
その繰り返し。
FXは、あ、変なところでポジってしまった!となってもリスク管理さえしていれば大丈夫。
エントリーする→逆指値入れる→損切りする。
逆指値マイナス10と毎回一定にしていれば計算する必要もありません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

取引のルール

NO IMAGE

FXあれこれ

NO IMAGE

口座の断捨離、利益確定の幅

ルールは経験から作っていくもの

投資がギャンブルになってしまう人の3つの特徴

NO IMAGE

投資は自己責任、健康管理も自己責任