メンタル部門

聴く 自己肯定 本音

1対1となって目の前の人と1分間の話をするという研修がありました。

仕事の研修はもんげー眠くなるんですが笑、メンタル系の研修は好きです。

仕事をしていて頑張ったこと

復職したときはすごくしんどかった。たくさん仕事があった。

でもその次の年は楽になってきた。

仕事をしていて嬉しかったこと

嬉しかったことというよりも、好きなことをしていたら興味を持ってくれたり、いいねと言ってくれる人がいた。

3つのきく

聞く(hear)…聞こえてくる。

訊く(ask)…質問攻め。もはや尋問。

聴く(listen)…拝聴。

目の前にいる人に聴いてもらえることにより、きいてもらえているという安心感、きいてもらえているから話をしやすい、自分が認められている気持ちになる。

ときめくキーワード

たくさんキーワードが並べられている紙からこれ!というものを選ぶという時間がありました。

「自由」「楽しむこと」「自己成長」

 

この3つをぱっと選びました。

現状と未来の話をする

現状は、毎日疲れている、やらなければならないことに追われている。もっと好きなことがしたい。

未来は、苦しい努力をしなくても、好きなことを続けていたら形になっている。

1対1だから考える間もなくしゃべる必要があり、だからこそでてきた言葉が本当の今の自分なのかなと思いました。

逆に相手がしゃべっているときは頷くのみ、聴く姿勢を持つことにより、相手の方が何を話していたかよく覚えています。

ABOUT ME
yuzukko
FX専業トレーダー。月3回のトレードで時間に余裕のある生活をしています。