時間のクセを気にしていますか?

毎日データを取っていると時間のクセがわかるようになります。

そこでいつもと違う動きをしているときは様子を見ます。

その時間のみを狙って取引きしています。

取引回が少なくなり、利大を狙える効果があります。

株式市場は、

日本市場は9時~15時

ロンドン市場は17時~1時30分(サマータイム時は16時~0時30分)

ニューヨーク市場は23時30分~6時(サマータイム時は22時30分~5時)

FXは何時~何時というのははっきり決まっていませんが動き出す時間はあります。

その時間を調べるために過去のチャートを見て何時に押し目があるのか戻りがあるのかをチェックします。

どこでエントリーしどこで利確したらよいのか時間の癖を把握するとわかるようになります。

取引する時間帯はいつも決まっていますか?

ばらばらですか?

取引する時間帯がいつも同じの人はその時間のクセに気づくはずです。

どの時間に押しや戻りがあるのか。

どの時間のボラが大きいのか。

毎日データを取っていくと気づきます。

本やネットにはテクニカルの話ばかり書いてあります。

ニュースは見なくても取引できます。

経済指標は動くきっかけにすぎません。

どこに抵抗があるのか

何時にエントリーしたらよいのか

何時に決済したらよいのか

時間の癖とライントレードだけでシンプルにトレードしています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金曜の深夜取引のススメ

ドル円のチャートで時間の癖を解説します

ユーロ円4月5日の振り返りと時間のクセ