カフェを開く夢のため、京都製菓技術専門学校へ行くことにしました。

f:id:yuzukko_fx:20170429094219p:plain

脱皮フリーランスのゆずっこです。
4月に京都製菓技術専門学校の通信教育課程に入学しました。

f:id:yuzukko_fx:20170424205310j:image

 

製菓専門学校へ入学したキッカケ

理解したい

お菓子はレシピの通りに作ればある程度はできます。ですが、お菓子ができた背景や、なぜこの行程?ということがわからないのです。

 

製菓衛生師の資格が欲しい

好きなだけでなく、将来お店を開く証が欲しかったのです。

 

会社を辞める時に言った言葉

ゆずっこ 会社を辞めようと思っています!

上司 え!これからだと思っていたのに!

ゆずっこ 製菓学校に行こうと思っています。

上司 やりたいことがあるなら引き止めないよ

 

「焼き菓子の勉強がしたい」という理由で会社を辞めました。

通信教育を選んだ理由

費用が安い

通学は、年間100万以上かかります。
通信は、年間24万円です。

時間の余白が欲しい

忙しい毎日を送るのが嫌で会社を辞めたので、年間30日通学し自宅から課題を提出するというコースは魅力的でした。
時間の余白もあるし、好きなことも楽しんでできます。

 

いきなりハプニング

さあ、明日から専門学校に通うぞ!とわくわくしていたのですがいきなり欠席することに。
ゆずちんお熱が出ました。
仕事だと会社に電話したり、自分が休むか、旦那が休むか、じーさんばーさんに預けるかを考える気苦労があります。気兼ねなく休めるのがフリーランスのいいところですね。
罪悪感なく欠席しました。
欠席しても他のコースもあるので振替ができるのです。

実習1日目~はじめての共同作業~

はじめて会う人たちと4人チームでお菓子を作っていきます。
ドキドキ・・・

 

f:id:yuzukko_fx:20170430230141j:image

バターが香ばしいフィナンシェがでしました!

f:id:yuzukko_fx:20170428165451j:image

 

カトルカールができました!

f:id:yuzukko_fx:20170428165542j:image

 

シューアラクレームができました!

f:id:yuzukko_fx:20170428165623j:image

 

お持ち帰りしました!
f:id:yuzukko_fx:20170428165656j:image

 

実習2日目~1日で4種類も作るなんて~

*キャラメルムーとガレットブルトンヌ

キャラメルを煮詰めています。
f:id:yuzukko_fx:20170425175229j:image

ガレットブルトンヌを焼きます。

f:id:yuzukko_fx:20170425174753j:image

ガレットブルトンヌとキャラメルムーができました!

f:id:yuzukko_fx:20170425175459j:image

 

*アマンディーヌとパートドフリュイ

パートドフリュイを切っています。

f:id:yuzukko_fx:20170425174751j:image

 

パートドフリュイとアマンディーヌがでしました!

f:id:yuzukko_fx:20170425175543j:image f:id:yuzukko_fx:20170425174752j:image

実習3日目~パンづくりは温度が大事~

オムレットができました!

f:id:yuzukko_fx:20170428165248j:image

バターロールができました!
f:id:yuzukko_fx:20170428165308j:image

専門学校の通信教育ってどんな人たちがいるの?

私が通うお昼に集中して通学するコースは、30人前後の生徒がいます。
年齢層は20代~50代。女性が9割、男性が1割です。

趣味でお菓子を作ってきた人、主婦の人、現役パティシエの人もいます。
みなさん専門学校へ通おう!と思う人なので詳しい人が多いです。
そして熱心!

みなさん社会人なので、仕事を休んで来てる人もたくさんいます。
私のように2時間かけて通学している人もいます。

 

時間がないとか、仕事しているとか関係なく、何がなんでもやりたい!という気持ちなのかなと思います。
反対されてやめてしまうのはその程度。
私は旦那さんにあほやなと言われながらも勝手に願書を送りました。
やったもん勝ちです♪

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ほとんどの洋菓子はフランスが起源だって知ってた?